Subscribe to my RSS feed

デリヘル店の店長に聞いた良い客と悪い客の条件とは?

デリヘル店の店長に聞いた良い客と悪い客の条件とは?
いい人?悪い人?
デリヘルは商売とはいえ、店長や店員さんも人間ですので、
良い客にはサービスがよくなり、反対に嫌な客にはサービスが悪くなりがちです。
ですので、フリーで人気嬢をつけてもらったり、予約時に融通をきいてもらったりと、
最高のサービスを受けるためには良い客である必要があります。

では、どういう人が良い客で、どういう人が悪い客なのでしょうか?

まず、良い客は時間に正確な客です。
予約しておいて、時間に遅れることはたとえ1分でもしてはいけません。
特に人気の女の子の場合は、スケジュールも分刻みになり、
ちょっとでも前の客が遅れるとその日の予定が大変なことになります。

普通のビジネスでの約束のように、5分前行動、時間厳守を心がけてください。
電車が止まっているなど、どうしても遅れる事情がある場合は、できるだけ早く連絡を入れるようにしましょう。

反対に悪い客は、女の子の嫌がることをする客です。
例えば本番を強要するのはもっての他ですし、冗談っぽく「本番させて」と言われることも、
女の子にとってはしょっちゅうなので非常に嫌がります。

また、急に偉そうな態度になったり説教をする客も女の子から嫌われます。
お金を払う側とはいえ、サービスする側に気持ちよく仕事をしてもらうことが、
実はいちばん自分の得につながるのです。

女の子は嫌な客の言動をお店に報告しますので、そういった行動をしていると
「要注意な常連」になってしまいます。
そうなると、例えば新人はつけてもらえなかったり、女の子によってはNGになってしまい、
「予約がいっぱいです」などと、断られるケースもあります。

不潔な客も嫌がられます。
あまりに不潔な場合はサービスの中止もありますが、それ以外にも臭いが酷い場合など、
女の子が我慢するケースがあります。
こういった場合も、お店には報告が行きますので、ブラックリストに載る可能性があります。
いくらプレイ前にシャワーを浴びるとはいえ、あらかじめキレイにしてからお店に電話をしましょう。

そのほか、単純な話ですが、電話でのしゃべり方が偉そうな人は嫌われます。
いくら常連でも、いくらお金を使っても、「あの客なんか嫌」と思われると、
最高のサービスを受けることはできませんので、常識的な応対を心がけましょう。

よくある勘違いとしては、女の子にプレゼントをたくさん持っていって、
自分が良い客だと思っているケースです。

女の子も、お客さん相手だと貰ったときは嬉しそうなフリをしますが、
正直、食べ物の差し入れは食べないケースが多いです。
ダイエットしているから、といった理由もありますが、
何か変なものを混入されているのが怖いからというのが一番の理由の様です。

また、とあるアンケートによると、風俗嬢が貰ってうれしいプレゼントで、
ダントツ1位になったのが「質屋に売れるもの」でした。
デリヘル店長によると、実際にデリヘル嬢の控え室には、
不要な差し入れが多く捨てられているそうです。

ですので、女の子に好かれたいなら現金が一番です。
むき出しで渡すのが嫌なら、お年玉袋のような袋にいくらか包めば、
嫌がる子は絶対にいません。

風俗店の新着情報

特上出来心

【OPEN~

ラストまで】


75分 10,300円-


90分 12,800円-


120分 18,000円-


入会金・パネル指名・ホテル代すべて込みです。

※合言葉≪出来心・新体制♪≫と受付時に
お伝え下さい♪

※イベントで遊ばれる方はポイントカードとの
併用は出来かねますのでご了承下さいね。

※本指名で遊ばれるお客様は本指名
イベントをご覧下さい。

※女性との甘い瞬間を快適にすごしませんか・・?
料金500円UPで、グレードUPのお部屋をご案内できます♪

※受付は『ネオハイツ202号室』ですよ(v^ー゚)

上にもどる